私的年金で安心な老後生活をおくるために

公的な年金だけでは不安な老後の資金

老後の生活の資金を公的な年金だけで過ごすのは不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
老後の資産形成のための私的な年金制度が個人型確定拠出年金です。20歳以上60歳未満の国民のほとんどが任意で加入できる制度で、公的な年金と組み合わせることで、より安心した老後のライフプランを設計することができます。
個人型確定拠出年金の制度を利用すると節税対策にもなります。まず、掛け金が全額所得税や住民税から控除されるため、同じ金額を定期預金をした場合と比較すると将来の資産に大きく差が出る計算になります。
また、運用して得た利益や、受け取る際には一定額が非課税になるなど税制上のメリットが大きい制度です。
つまり、節税しながら老後の資金を形成していく方法といえます。

個人型確定拠出年金の注意点

個人型確定拠出年金は年金制度のため途中で解約することはできません。毎月の掛け金は生活に無理のない範囲で設定することが大切です。ただし、年に1回は掛け金の変更が可能です。
個人型確定拠出年金は加入時に手数料が発生するほか、口座の管理手数料が毎月かかります。選択する銀行や証券会社などの金融機関によって手数料が異なるため、加入する時には年間を通したコストもチェックしておきましょう。
将来の受け取る金額は金融商品の運用の結果によって決まります。金融商品の中には元本が保証されていないリスクのあるものもあります。そのため、掛け金を積み立てるだけでなく金融商品の知識や情報収集が必要になってきます。わからないことがあれば金融機関や専門家に相談してみることをおすすめします。